読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

QcanB

しがないじゃにおたのつぶやき。

もし会社にジャニーズWESTがいたら仕事が捗るかもしれない

西のオカダイキと(小声)

会社で(超小声)

出会いたいです!!!!!!!(超超小声)




なんか色々すみません。
先輩後輩っていう関係って素敵ですよね。#唐突

ダイキシゲオカは幼馴染、同級生、同期味があるのは私もなんです。すごくわかる。色んな人の妄想記事読んで死ぬほどキュンとしてます。お世話になってます、ごちそうさまです…しかしあえての設定で妄想してます。詳しくは↓











※現実逃避したくて妄想しかしてないよ※












とある最近できたばかりの小さい会社に中途採用になった私。所属することになった部署は5人という少なさ。教育係は先輩にあたる、重岡大毅さん。若そうな人だなぁと思っていたが、私の3つ下だという…若くても仕事はできる人らしく、何かと気にかけ、教えてくれる優しい先輩である。(※入社当時のイメージ)


「…淳太ァ、これ無理やわぁ」こんな口調で上司に口答えできるのも重岡くんくらいだ。「敬語使え、アホ。仕事せぇ」そういって重岡くんの口答えを跳ね除けるのも中間さんの仕事である。そんな2人のやりとりを休憩しながら眺める。「はぁ?上司がそんなこという!?どう思う◯◯さん!!」「えぇ…私に振られても…」「えー!?もう淳太のせいや…今日は仕事せえへんし…無理やし…」そう言って項垂れるまでがいつもの流れである。

「あ、◯◯さんこないだのできた?」「今データ送りました〜」「早いなぁ。サンキュー、ありがとう。」こうさりげなくお礼の言えるところに不覚にもキュンとしてしまう。どうやら私は重岡くんに恋心を抱いているようだ。



的な!!???的なね!!??


入社当初は口数少なくておとなしいかと思いきや、慣れてくるとウザ絡みという武器を見せてくる。部屋ん中をコロコロついたイスでシャーって移動して、あっちこっちいく。うぜぇ。仕事しろ。でも勤務時間は守るから大概残業はしない主義。それは中間さんもそうだから、重岡くんも入社当初から教え込まれてる(と良い)。


なんだかんだ周りに気を配れるできる子しげちゃんだからね、体調悪い時には「もう帰ったら?」とか言われたい。「朝から眉間にシワよりすぎやで(笑)?しんどいんやろ?後は俺に任せとけ」とかな〜〜〜〜。俺仕事できるからとか言いつつ、無理に請け負って珍しく残業してる。みたいな。


いつもランチは中間さんと行くのに、たまに「今日最近できたパン屋さんで買ってきたから、行かれへん」とか言われて凹む重岡くんにランチに誘われたい。「ハァ!?先言えや!!え〜…◯◯さん今日弁当?どっか行こ〜?」てな感じでさらっと。もちろん私はドキドキです。お弁当持ってきたけど、なかったことにしてついていきます。会話の中で「俺より年上なんやし、敬語やなくてええのに」とか言われてえ。どことなく2人っきりになったら、口調に優しさが混じる重岡くん。良き。


以前友達に誘われた合コンで、偶然同じビル内の違う階の会社だった照史くんと意気投合して、ランチ仲間になりたい。月2くらいでしか行かないけど。そして偶然外に出ていた中間さんと重岡くんに見られるっていうな〜〜???「あれ、彼氏なん?」って視線はパソコン見ながら聞いてくるんですよ…「違いますよ、あの人は〜」って合コンの下りから説明した後、「なんや、よかった」ってさらっと。言うんですよ。さらっとね?よかったってどういう意味なんだ!!??とモヤる日々を過ごしたい。


なんてな!!!なんてな!!??ダイキシゲオカが先輩とかいうの私はなかなかいける派でした。書き出した↑のやつ、ほんと妄想の一部分でしかないわ…まだまだ続くーよー♪どーこまーでーも〜…♪



細かいところ言うと、中間さんはさん付けで重岡くんはくん付けなのは重岡くんが「年上なんやし、敬語やなくてええのに」って言ってきたけどなんか取りづらくて名前だけくん付けで呼んでるっていう設定な。すごくいらない情報かもだけど私的には一番重要なやつ。

まぁ職場にうぇすとくんがいても妄想しか捗らないよな…


最近妄想ばっかりですみません…ロッテリアのイチゴシェーキめっちゃ美味しかったです。#どうでもいい