読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

QcanB

しがないじゃにおたのつぶやき。

8月10日、僕らは花火を上げる

毎年8月10日になると思い出す、DRAMATIC-Jでの一作品。
もちろんみんなドラマ初めてな子も多いから、
演技なんてへたくそなんやけど!!!(笑)
けどその中でもこの作品は大好きなんです。








あらすじを簡単に説明すると、
突然教師をやめさせられ、町を去ることになった先生のために、
とある屋敷に立てこもり花火を見せてあげようとする、
中学三年生5人の奮闘記です。
5人にはそれぞれ先生に助けてもらったことがあって、
その恩を返すために力を合わせてがんばるのです。


若かりし頃のまだまだ素が出てない重岡はかわいいような、
ちょっと恥ずかしいようなくすぐったい気持ちで見れます(笑)




このドラマに出てるのが当時関西ジュニアの
楠本幸登
重岡大毅
バッケス健人
山下颯
フューガルショーン悟空
の5人なんですが、まーカワイイこと!

やめちゃった子もいるから、名前出すのはちょっとあれなんだけどね…
ちなみに元担はゆきとくんです。ゆっくん。



このドラマ内では、ゆっくんが先生に恋してる男の子の役なんやけど、
屋敷に立てこもってることが周りの大人にばれて、捕まりそうになる時に
ゆっくんが先生に電話して

「しずか…怒ってる…?」
って聞くシーンがあるんやけど、
これがもう最&高
”やったらあかんことしてるのはわかってる、でも、しずかにこの町を嫌いになってほしくない”
その葛藤が見えるこのドラマの最後はなかなか良いです。
あー青春だなぁ、いいなぁ。なんて思ったり。
それに加え音楽もまた良いのですよ…!!ちょっと切ない感じがたまらんのです。


メイキングはメイキングでこれまた可愛くてねぇ…
お世話になったスタッフさんに、クランクアップで
5人が飴を渡すんやけど、その時に
「8月10日、僕らは飴ちゃんをあげる…♡」
って照れながらいうの。これも最&高


だいぶ昔の作品なんだけど、興味を持った人にはぜひ見てほしいです。
どうしても演技下手なのは無理!!!!!!って人にはおすすめしない(笑)



”リバーサイド入口”っていうオムニバス形式の話で、
神ちゃんとゆっくんがメインのやつが
あるんですが当時神ちゃんは出るのわかってたけど、
まさかゆっくんが出るなんて知らなくて、予告見てびっくりしてね。

「あ~来週は神ちゃんかぁ。隣の子誰?優馬?違うな~誰や~?」


「……!!!!!!!!!!おいゆきとやないか!!!!!!!!!」
₍↑ここまでで約1秒)


予告から放送までとにかくドキドキしっぱなし。
見終わってしばらく経ってから、喜びがぶわぁって湧いてきたんきたんよね…
懐かしい。


他にも話があって、BADやBOYS、OSSANやべてらんなどなど
懐かしい顔ぶれがたくさん見れます。みんなかわいいです。
個人的には超能力シックスっていう話がおすすめです。


またこういう番組できないかな。
これも古い番組だけど、劇団演技者。とかめっちゃ良かったのに!